MENU

ネットショップ「鍛冶屋 吉光」は 移転いたしました。

このたび「有限会社 吉光」法人サイト公開に伴い、ネットショップをリニューアルして 「https://yosimitsu.net」に移転することとなりました。
ブックマークなどに登録されている場合は、大変お手数をおかけいたしますが下記リンク先を再度ご登録いただきますようお願い致します。

ネットショップ「鍛冶屋 吉光」

イベントのご案内

2020年2月1日
長崎県 雲仙温泉
雲仙灯り花ぼうろ2020
2020年1月24日
長崎県 長崎中華街
長崎ランタンフェスティバル 2020
2020年1月18日
長崎県 雲仙市 吾妻町
牛の仔競市 (吾妻町)
2020年1月12日
長崎県 島原市島原城内
新春・島原城宝刀展
2019年12月16日
長崎県 島原市
島原ウィンターナイト・ファンタジア
2019年11月10日
長崎県 南島原市
南島原市深江町産業まつり
2019年11月9日
長崎県
島原半島ジオ・マルシェ
2019年11月2日
長崎県 西有家町
第38回西有家.みそ五郎まつり
2019年10月7日
長崎県 長崎市
秋の大祭「長崎くんち」

日本刀の製法に学んだ伝承の技術で、一つ一つ手作業で仕上げています

鍛冶屋「吉光」は、嘉永5年(1852年)、肥前の国深江村の馬所川部落にて「車鍛冶」として業を創しました。伝承の技術、藁灰を使用した鍛接法を、今なお忠実に守り続けています。
現在では、日本古来の「たたら製鉄法」で鉄を一から作る鍛冶屋は全国でも珍しくなりました。
有明海沿岸で砂鉄を集め、釜で溶かし、炭や藁を使い独特の製法で作られる希少な「玉鋼」。
日本刀と同じ「玉鋼」を使用した「吉光」の刃は、卓越した鋭い切れ味と、ねばり強く、しなやかな刃先を兼ね備えた逸品としても知られています。
カンカンと響く音、散る火花、そのすべてが手作業で鍛えられます。
手打刃物は、何度も修理して、刃がなくなるまで半永久的に使用でき、使い勝手がよいのが特徴です。
丹念に作り上げられた包丁は鋭い切れ味を持ち、プロの料理人も手放せない逸品となります。
日本刀の製法に学んだ鍛冶屋吉光の伝承の技は、国宝級レベルと高い評価をいただいております。
鋼の長所を最大限に生かした独特の刃と、鋭い切れ味が「吉光刃物」の特徴となります。

たたら製鉄に挑戦

PR_tatara_300

鍛冶屋「吉光」は、日本古来の「たたら製鉄法」で鉄を一から作る数少ない鍛冶屋です。砂鉄を集め、釜で溶かし、炭や藁を使い独特の製法で作られる希少な「玉鋼」は、日本刀の材料として知られています。「吉光」は有明海沿岸の砂鉄から「玉鋼」を作ります。

詳しくはこちら

包丁の研ぎ直し・修正・柄交換

PR_togi_300

鍛冶屋「吉光」では包丁の研ぎ・磨きを承っております。吉光製品、他社製品いずれも可能。また、型くずれの修正、柄交換(和・洋)なども承っております。包丁を知り尽くした鍛冶職人が、あなたの大切な包丁を甦らせます。

詳しくはこちら

TV・雑誌の取材情報

PR_TV_300

長崎県島原市の鍛冶屋「吉光」は、テレビ局や雑誌などの取材を受けることが多いです。
「吉光」の伝統や技術を皆様に広く知っていただくため、できる限りご紹介していきます。

詳しくはこちら